Last Update 2017.6.26

Features

CHAI 自主企画第2弾満員御礼レポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

全米TOURが迫るCHAI、新作EP「ほめごろシリーズ」を4/26に発売決定!5月自主企画第3弾ツーマン先行受付も開始!

 

女の子なら誰もが抱えるコンプレックスを肯定し、“NEOカワイイ!”“コンプレックスはアートなり!”という新しい価値観を音楽で表現する、今中毒者続出中の『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。

前作『ぎゃらんぶー』がSpotify UKチャートTOP50(※最高位36位)が突如異例のランクインをし、さらには今年3月にアメリカ・オースティンで開催される「2017 SXSW Music Festival」への出演と全米の8都市をまわるアメリカツアーも来月に迫り、2017年衝撃度No.1アーティストとしてバンドシーンでも話題沸騰となっている。

彼女たちが夢のグラミー賞受賞を目指すため主催するイベント「”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season2」 の2月21日(火)下北沢BASEMENT BAR・東京編と、2月23日(木)南堀江knave・大阪編が開催され、両会場とも満員御礼となった。CHAIにしか表現できない、「どこまで本気なの!?」という可愛らしく、人々の想像を軽やかに越えて驚かせるパフォーマンスが今回も炸裂し、会場に集まったオーディエンスを魅了していた。

このGRAMMYs当日、東京・大阪の会場限定で先行発売されたCHAI初の7インチアナログ盤『Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン』も両会場とも売り切れ!!3/1(水)から、全国で店頭発売開始!

この7インチアナログ盤は、「東洋化成」×音楽配信サイト「OTOTOY」のコラボレーベル“TOYOTOY”の第一弾流通作品。

まだ春までCDのリリースを待ちきれない人は、3/1(水)発売のレコード7インチ盤『Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン』のレコード盤独特の温かみのあるサウンドで新曲を味わって楽しみに待とう。

満員御礼となったCHAIのライブ会場には、グラミー賞にちなんだレッドカーペットや「GRAMMYs」という電飾がステージに施され、本家“グラミー賞”受賞を目標に掲げるCHAIのイメトレが存分に発揮された空間となっていた。

恒例となったCHAIのユウキ(Ba.)が手がけた受賞者発表のオープニングムービー(https://youtu.be/5Cv_JsZqzX8) からライブはスタート。

東京公演のトップバッターを飾ったのは、『お寺部門』を受賞した「TENDOUJI」。

お寺のイメージとはかけ離れた(?)ガレージサウンドとキャッチーなメロディが重なり、ピースフルなステージで観客を魅了する。

続いて『童話部門』でノミネートされた「おとぎ話」が登場し、ロックかつロマンチックな歌声がオーディエンスを心地よい世界にいざなう。

そして先日公開された「ボーイズ・セコ・メン」(https://youtu.be/psHh6OsA-mU)のMusic Videoで監督・制作を務め、“NEOかわいい”コラボレーションと好評の「チーム未完成」からパン投げDJ SHIORIが参戦!選曲にあわせ食パンが舞い、パワフルでカオスなDJプレイに観客のボルテージもあがる。

また、初の大阪公演のトップバッターは、『ワンダフル部門』のワンダフルボーイズ。

冒頭からLOVE & PEACEな演奏と観客とのかけあいで、会場を愛と笑いで包み込む。

続いて『ジャングル部門』で選出され、アフリカ帰り・レペゼン地球の圧倒的な存在感を放つ「あっこゴリラ」が登場。

No.1フィメールラッパーたる腕前を披露し、会場は横揺れのゴリラダンスでひとつに。

3組目には『磁石部門』でのノミネートとなった「ナードマグネット」が登場すると、エモーショナルなステージでオーディエンスの心を鷲掴みにしていく。

個性豊かな受賞者たちの圧巻のパフォーマンスにそろそろご馳走様です…となりかけたところに、主催であり『茶部門』でCHAI的グラミーを受賞した最後の一杯。CHAIが登場!

待ってました!!と言わんばかりの大歓声がおき、CSSを彷彿とするSEのなか暗闇でヘッドライトを装着して登場する演出に観客は騒然。そのままダンスナンバーの新曲「クールクールビジョン」、マナ(Vo.&Key.)がHIPHOP MCに豹変するライブ定番曲の「ヴィレヴァン」、MVも公開されたばかりの「ボーイズ・セコ・メン」をはじめ3/1(水)に初の7インチレコードとしてリリースになる「Sound & Stomach」など数々の新曲を披露しノンストップのパフォーマンスで会場は最高潮に。ライブではおなじみの「ぎゃらんぶー」では、恒例となったブーイングタイムが起こり、日頃のうっぷんを晴らすという以上に満面の笑みを浮かべたオーディエンスがブーイングを楽しむという異様ながら平和な光景が広がり、「CHAIの、”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season 2」も大盛況のうちに幕を閉じた。

 

また、東京公演では自主企画第3弾が5/24(水)東京・渋谷TSUTAYA O-nestにてHelsinki Lambda Clubとツーマンで「CHAIの、”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season 3」が決定というサプライズ発表も!

プレイガイドでの先行発売(http://eplus.jp/chai17hp/)は、今週末2/26(日)23:00までとなっているので、まだCHAIを観たことがない人はこのチャンスをお見逃しなく。

さらに大阪公演では、4/26(水)に待望の2nd EP『ほめごろシリーズ』(CD)の発売も決定という発表も!

先日Music Videoが先行公開され話題となっている「ボーイズ・セコ・メン」を筆頭に、CHAIの現在の勢いを象徴する作品になっており、前作からさらに音楽性の成長も感じられる期待の新作だ。ジャケットのアートワークは前作と同じくユウキ(Ba.)がデザインを担当し、音楽だけではない才能も発揮している。

『コンプレックスはアートなり!!!』と女の子なら誰でも抱える様々なコンプレックスを肯定し、突拍子もない独自の表現で歌いあげるCHAI。 国境もぶち破り、彼女たちのさらに進化し加速していく”NEOかわいい”世界侵略を見逃すな!!

Related Words

CHAI
ototoy
TENDOUJI
おとぎ話
チーム未完成
DJ SHIORI
ワンダフルボーイズ
ナードマグネット
あっこゴリラ

Recommended Posts

Popular Posts