Last Update 2017.3.23

Features

Matt Sounds待望の第2弾7インチ3/10(金)発売決定&予約受付中!黒澤明監督「七人の侍」のテーマ曲がキラーなSKAに!

 

Keith & TexCarlton & the ShoesLeroy SibblesStranger Coleと名立たるロックステディ・アーティストのバックを完璧に努めてきたMatt Sounds

4月には1stアルバム発売決定、ゴールデンウィークにはBB SeatonThe Gaylads)との東阪名の来日ツアーを控える彼等の新録音源が7インチ化決定です!発売日は3/10(金)!予約も受付中です!

A面は黒澤明監督「七人の侍」のテーマ曲を、B面はギターの大和田“Baku”のオリジナル・ロックステディ曲「Baku Steady」を収録。

 

■作品情報

 

Matt Sounds『七人の侍のテーマ(Seven Samurai/ Baku Steady』(7”)

レーベル:OVERHEAT RECORDS / G Stone Music

品番:OVE-7-0131

小売価格:1,472(税抜)

発売日:2017310()

track list:

 Side A

1. 七人の侍のテーマ(Seven Samurai

世界がひれ伏す黒澤明監督の日本の名作映画「七人の侍」のテーマ曲をMatt Soundsが大胆にスカアレンジ。

あのSKATALITESRINGO」(リンゴ追分)を越えたか!ジャパン・メイドのSKA名曲が完成。

最高の設備を誇るRed Bull Studios Tokyoでレコーディング。MixDRY&HEAVYOKI DUB AINU BAND等多方面での活躍で知られる内田直之。

Side B

1. Baku Steady

これまでのMatt Sound全公演に参加しCOOL WISE MANのギタリストも努める大和田“Baku”誠とMatt Soundsによる1曲。60年代のジャマイカにも引けを取らないシンプルなロックステディ・ギター曲。

 

※ご予約は東洋化成ONLINE SHOPでも受け付けております。

 

■プロフィール

Matt Sounds

201412月のキース&テックス来日公演のバックとして森俊也、秋廣真一郎、外池満広、小粥鐵人が中心メンバーとしてスタート、4人のイニシャルからMATTと名付ける。ここにギタ ーの大和田”Baku”誠が参加して原宿アストロホールでキース&テックスの来日公演が行われた。 その後、ホーンセクションやピアノの小西英理も加わりカールトン&ザ・シューズ、リロイ・ シブルス、ストレンジャー・コール、クリストファー・エリスと計5回に渡りバックを努め、 彼らから「こんないいバンドがあったのか?」と驚嘆されてきた。それもそのはず、直接ジャマイカン・レジェンドたちからリハと本番で細かく手ほどきを受け、今や60年代ジャマイカ音楽の黄金期を再現できる世界にも稀なバンドが誕生した。20164月、故“Gladdy”Andersonのデモ曲「How Good and How Pleasant」をレコーディングして7インチ・デビュー。

そしてMatt Soundsは、今まで演奏してきた曲を中心にアルバムを作る事を決意。201611 月、青山のRed Bull Music Studios Tokyoの素晴らしい環境で12曲をレコーディングし、12 に入り外池’s 国立音響研究所でギターやオルガンのオーバーダビングを行う。翌17年に内田直之が6曲ミックスダウン、残りを外池満広&森俊也が行い完成予定。

 

◼︎Liveスケジュール

BB Seaton meets Matt Sounds

大阪  4/29 Socore Factory

名古屋 4/30 Jammin’

東京  5/2 Quattoro

 

Related Words

Matt Sounds
ska

Popular Posts