Last Update 2018.12.13

News

2017.12.25

ピーターバラカンも絶賛! 個性的なミクスチャー・ミュージックで注目を集めるクォーター・トゥ・アフリカが「炭坑節」カヴァーを日本限定7インチ・シングルでリリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年10月にピーター・バラカン氏監修の音楽フェス『LIVE MAGIC! 2017』へ出演、来日ツアーを行ったクォーター・トゥ・アフリカが日本のファンに向けてカバーした「炭坑節」。意外な選曲に会場で大ウケだったこの曲を日本限定のシングルとしてぜひリリースしたい、と帰国後すぐにレコーディング、アナログ化が実現しました!ピーター・バラカンさんのラジオ番組ですでに紹介された、注目の楽曲です。カップリングはアルバムから「LIKE A CHILD」を収録!

■ピーター・バラカン氏からのコメント
ぼくは昔から一つのジャンルではくくれない音楽に魅力を感じます。複数の文化の出会いと交流によって新たに生まれる音楽がやはり面白いです。
Quarter To Africaもまさにそんなタイプのグループです。イスラエルという国は表面的なイメージよりかなり多くの民族が共存しているところで、その多様性を色濃く匂わせます。本人たちが「アフロ・アラブ」と呼んでいるこのサウンドを今年(2017年)の初めにYouTubeで聞いて、Live Magicに呼びたい!と瞬間的に反応したのです。その出演が実現して、今から楽しみにしています。(ピーター・バラカン)

 

■作品情報
アーティスト:クォーター・トゥ・アフリカ / Quarter To Africa
タイトル:炭坑節 TANKO BUSHI
レーベル:Tuff Beats
品番:UBKA-9005
フォーマット:7inch
価格:1,800円(税抜)
発売日:2018年2月14日(水)

トラックリスト:
Side A:炭坑節 Tanko Bushi
Side B:Like A Child

 

Quarter To Africa – 炭坑節 / Like A Child(7″)[digest]

全国のレコードショップ及び東洋化成ON LINE SHOPでも予約受付中!

■アーティストプロフィール

クォーター・トゥ・アフリカ / Quarter To Africa

2014年に2人編成からスタートしたイスラエル出身の多文化グループ。現在の編成はエレクトリックウード、サックス、トランペット、エレキギター、ベース、ドラム、パーカッション、シンセとボーカルとなっており、そのスタイルはアラブの伝統音楽マカム音階法とアフリカのリズム、ジャズとファンクのコラージュである。彼らはアフロアラブ(もしくはアフラブ)という造語のもと、LOVE, UNITY & FRIENDSHIP(愛と調和と友情)を信条としてユニークな音楽を生み出している。2016年にデビューE.Pをリリース。ラジオ局で頻繁にオンエアされ、テレビやインターネットの番組に出演。リスナーからは熱狂的な支持を集め、ネットや新聞などをはじめとした国内外の様々なメディアでも高い評価を得た。2017年デビューアルバム『THE LAYBACK』をワールドワイドでリリース。同年7月に日本盤限定のボーナストラックを付けた『レイバック』日本盤をリリース。8月には、DJ Yogurt & Mojaによるリミックス7インチ「Drop Your Fears (Stone Free Mix)」をリリース。