Last Update 2019.5.20

News

2019.4.16

Danny Krivit、来日公演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RECORD STORE DAY 2019に2作品を発売、さらに5月の1週目に1作品発売予定のDanny Krivitの来日公演が決定した。

Danny Krivit Japan Tour 2019
日時:2019年5月2日(木) OPEN 22:00
場所:Contact Tokyo
詳細はこちら
http://www.contacttokyo.com/schedule/danny-krivit-japan-tour-2019/

 


Danny Krivit
ダニー・クリヴィット。DJとしてのキャリアをスタートしてから今年で48年。1979年にRoxyのオープニングそしてメインDJを4年間務め、その後Studio 54、The Choice、The Loft、Shelter、Sound Factory Barといった その時代を象徴するクラブで活躍してきたが、96年から始まったパーティ<Body&SOUL>によってその名はNYを飛び越え世界中に広まった。それまでもMr.K名義で秀逸なリエディット作品を残してきた彼だが、 デリック・メイのカヴァーに手を加えたSoul Central“Strings Of Life (Danny Krivit Re-Edit)”の爆発的ヒットで幅広い支持と知名度を獲得後、数多くのレコードやCDを発表。
近年は45周年に関連するように7インチ盤(45 回転)をリリースしたり、また7インチのみのDJセットをNYで披露し、大成功を収めている。 新旧こだわらず、自分が惚れこんだ楽曲の魅力を(時にはエディットを施し) 最大限に活かしてフロアに届けること。その姿勢はパラダイス・ガラージやロフトといった70年代から受け継がれてきた精神でもあるが、 当時のサウンドを継承しつ現在集客的にも最も成功しているDJは、彼に他ならない。レジデントを務める<718sessions>はTime Out 2011年 Best Partyに選出され、NYを代表するパーティとして多くのクラウドを魅了しており、 それは彼自身の音楽への情熱と探究心が衰えていないことの何より証拠である。 ダニー・クリヴィットはDJというアートフォームの一つの完成形であり、 円熟期を迎えたいまだからこそ、 あらためて彼のプレイをじっくりと堪能してもらいたい。
Danny Krivit Official HP : http://www.dannykrivit.net

 


リリース情報

<RSD release>
MOST EXCELLENT UNLTD Presents CLASSIC CLUB BOX – THE MRK EDITS
A box of five 7″ singles of rare club classics, mostly on 7″ for the first time, edited by Mr K

 

<RSD release>
MOST EXCELLENT UNLTD Presents Danny Krivit 7” Edits Of AK-Say That You Love Me
AK Say That You Love Me first time released on a 7″, + a bonus new RMX by AK

 

<1st week of May>
Nervous Records Presents Danny Krivit Edits on two 7″s
Rain-Kerri Chandler (Original)
Rain-Kerri Chandler (Atjazz Remix)
Kim English-It Makes A Difference (Danny Krivit & Kyle Smith Remix)
Loni Clark-Rushing (Mood ll Swing Dub)