Last Update 2018.12.13

News

2018.7.18

GOMES THE HITMANリリース記念ミニライブ&サイン会開催決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月25日(水)に発売になるGOMES THE HITMAN関連の3作品を対象としたインストアイベントが二子玉川蔦屋書店にて開催決定。メンバー全員揃ってのサイン会はとても貴重で、さらにこの日しか手に入らないイベント参加特典もあるそうだ。下記をチェックして、奮って参加して欲しい。対象商品は現在絶賛予約中。先着順なので、まだの方はお早めに。

■イベント情報

日程:2018年8月3日(金)
時間:19:30開演 19:00開場
場所:二子玉川 蔦屋家電 2Fラウンジスペース
参加方法:
二子玉川蔦屋家電店頭か二子玉川蔦屋家電オンラインショッピングサイトにて、対象商品をご購入のお客様にご予約者優先、先着で「イベント参加券」(優先入場券+サイン会参加券)を配布。

対象商品:
① アルバム『00-ism [mono/omni/ripple]compilation of the works in 00’s(including some miscellaneous debris)』(CD) (VPCC-86203、 6,000円/税込)
② アルバム『SONG LIMBO』(CD)(GTHC-0013、3,000円/税込)
③ 山田稔明『新しい青の時代』(LP)(GTHC-0012、3,500円/税込)

イベント詳細はこちら
https://store.tsite.jp/futakotamagawa/event/music/2759-1905000629.html


■商品情報

2013年7月、GOMES THE HITMANのボーカリスト山田稔明3枚目のソロアルバムとしてリリースされた『新しい青の時代』は各方面で高い評価を得て、山田稔明の最高傑作として根強い人気を誇る作品。発売から5周年を記念して待望のアナログ盤化が実現した。今回のリイシューでは制作当時に意図されたオリジナルの10曲入り仕様、さらにはイラストレーター福田利之の手による幻のオリジナルバージョンの絵を用いて、ダブルジャケットの豪華装丁でパッケージ。リリースから5周年の節目に、<新しい『新しい青の時代』>の誕生だ。

アーティスト: 山田稔明
タイトル:新しい青の時代
レーベル: GOMES THE HITMAN.COM
品番:GTHC-0014
フォーマット: LP
販売価格: 3,500円(税抜)
発売日: 2018年7月25日(水)

 


■アーティストプロフィール

GOMES THE HITMAN(ゴメス・ザ・ヒットマン)

http://gomesthehitman.com/html/

1993年に東京外国語大学の音楽サークル内で結成され、1999年にメジャーデビュー。 2005年のアルバム『ripple』に収録された「手と手、影と影」がジャックスカードのCMソングに起用され、知名度を上げた。長い冬眠時間を経て2014年からライブ活動を再開。今年夏には13年ぶりのリリースとなる未発表曲集『SONG LIMBO』発売を予定。2019年12月にニューアルバムを発表することを公言している。

□山田稔明(vocal, guitar) 1973年佐賀県鳥栖生まれ。1999年GOMES THE HITMANでのデビュー以来バンド活動と並行して、原田知世、坂本真綾、中島愛やアニメ『マクロスF』作品など数多くの楽曲提供を行う。2007年からソロ活動を本格化。音楽以外にも、執筆、ワークショップなどその活動は多岐にわたる。愛猫家としても知られインスタグラムでも多くのフォロワーを持つ。愛猫との日々を綴った初の自伝的小説『猫と五つ目の季節』を 2015年11月に出版。2016年11月3日には写真絵本『ひなたのねこ』を、2017年4月にはエッセイ集『猫町ラプソディ』(著作はすべてミルブックス)を出版。最新アルバムは『DOCUMENT』(2017年7月)。今年夏には2013年作品『新しい青の時代』アナログ盤をリリース。

□堀越和子(keys, chorus) ソロアルバム『虹』を発表。バンドDQSにも参加。

□高橋結子(drums, chorus) 杉真理、元ちとせ等、様々な現場でサポート活動中。

□須藤俊明(bass, chorus) エンジニアとしても活躍、ソロ作もリリース。